外の動画撮影は可変式NDフィルター必須

ND Filter

どうも、ターナーです。

写真を撮る際、滝の流れをだすために、シャッタースピードを遅くするのにNDフィルターをつけることがあります。
ND2、ND4、ND16、ND400、など様々なNDフィルターがあります。

では、動画撮影時にはこのNDフィルターを使うことはあるのでしょうか。

答えは、イエス!

デジタル一眼レフ、ミラーレスカメラなどで撮影するときは必須のアイテムとなります。

動画でサクッと確認したい方はこちら

ボクは仕事でSony a7ⅢとSony a6500のカメラをよく使うのですが、屋外撮影の場合は必ず可変式NDフィルターを持っていきます。

可変式NDフィルターを使う大きな理由は、明るさをおさえるため。
その理由の背景には、「適切なシャッタースピードで、ボケ感のある映像を撮るため」です。

動画撮影は、マニュアルモードを使います。

通常、シャッタースピードはフレームレート(fps)の約2倍に設定します。
これは、人間の目でみたブラー(残像感)と同じにするため。

そのため、

  • 24fps → 1/50
  • 30fps → 1/60
  • 60fps → 1/100, 1/125

などでシャッタースピードを決めます。

そして次にF値。

ボカしたい場合は、F値を一番開放側に設定します。
24-105mm f4のレンズだったらf4に、55mm f1.8のレンズだったらf1.8に。

逆に複数人数の撮影や風景など全体にピントをあわせたい場合は、F値を絞ります。
f6.5やf8、f12などに。

そして最後にISOで明るさをマニュアルで調整します。

ISOオートも便利な機能なのですが、やはりカメラまかせではなく自分の好みの明るさ、適正露出にしたいので、ISOはマニュアルで設定します。

その際、屋外撮影の場合、明るさをおとすためにISOを下げていくのですが、下限のISO100とかにしてもまだまだ明るい場合があります。

こういった場合、「適切なシャッタースピードでボケのある動画を撮る」ことはできなくなります。

明るさを抑えるために、シャッタースピードを上げるか、F値を絞る(F値の数値を下げる)必要がでてきます。
そうなると、被写体の見た目の動きが変わったり、ボカしたいのにボカせない、などの不都合がでてきます。

そんなときに重宝するのが、可変式NDフィルター。

フィルターの回せる部分を回すだけで、シャッタースピードもF値も変えることなく、露出を軽減することができます。

ただ、この可変式NDフィルター。
構造上、作るのが難しいというのもあり、値段がわりとします。

有名なKenko(ケンコー)などは5〜6万円(Amazonだと3万円ちょっと)。
Marumi(マルミ)で2〜3万円。
Amazonでコスパの良いK&F Concept(ケーアンドエフコンセプト)で4,000-5,000円前後。

ボクはMarumi(マルミ)を使ってますが、ボクの周りのプロのビデオグラファーもけっこうMarumiを使ってます。
これはクオリティが良くてコスパもいいからでしょう。

仕事ではなく趣味の撮影などでしたら、K&F Conceptなどでもいいと思います。
ただ、気をつけないといけないのが、安いNDフィルターだと色ムラなどがでて、実際の映像に悪い影響を与えるものもありますので、そこらへんはレビューなどを見て気をつけて購入することをオススメします。

ということで、

外の撮影は可変式NDフィルター必須ですよ!

という内容でした。

それではまた!